~高校受験~先輩からのアドバイス

~高校受験~先輩からのアドバイス

伊万里高校に入学したばかりの塾生に、
後輩たちへの勉強のアドバイスを書いてもらいました。

「メッチャ伸びた」と思う教科の勉強法と、
「こうしとけばよかったなあ」という反省点も
書いてもらいました。

書いてくれた塾生たちは、
最初からできていたわけではありません。
むしろ、勉強がニガテだった子が多く

頑張って、
がんばって、

成績を上げていきました。

これを読んでくれたみんなが、

僕も!
私も!

できるかも☆

と思ってくれたら嬉しいです。

中3の受験勉強スタートから、
どれだけ成績を伸ばしたかが分かるように、
成績のビフォーアフターを偏差値で記載しています。

「偏差値っていわれても分からんし!」
という声が聞こえてきそうなので、

イメージしやすいように、
みんなが知っている高校に、
最低どれくらいの成績だったら合格できそうかを、
おおよその偏差値で表してみました。

高校名   偏差値
伊万里農林   35
伊万里商業 商業 39
  情報処理 40
唐津商業 商業・会計 43
有田工業 セラミック 38
  電気 41
機械・デザイン   42
伊万里 普通 48
武雄 普通 55
唐津東 普通 58
佐賀北 普通 59
佐賀西 普通 66

(ボーダーラインです)

☆伊万里高校1年 T・Aさん

後輩さんへ

私の数学の偏差値は38から51に上がりました(笑)

数学のテストでは毎回分からないことばかりで、
全然好きではありませんでした。

そして焦りだした中3の私は
『のび~る』に入塾しました。

最初は、
「こんな問題楽勝やろ!!」って問題を
たくさん解かされました。

でも!!

それが大切だったんです!!

最初、基礎問題をひたすら塾長から

「はい、次これ解いてきてー☆」

とさんざん言われたおかげで、
発展問題を解くとき、
計算がスラスラ解けます。

そして、今まで諦めてきた
問題を何度も解くと、
テストで

「あ!!これあの問題に似てる!!」

と思い、解けます。

「もうしたくない」

と思うほどスパートプラスをしたおかげで
入試では30点をこえました。

そして次に英語です。
英語は音読が大切です!!

正直、私は音読をしていませんでした。
案の定、テストでの長文は読むのに
時間がかかりました。

今、もっと音読しとけば長文に時間をとられず、
他の問題を見直すことができたのかなと、
後悔しています。

あと、単語も覚えた方が絶対良い!!

まとめると・・・

何でもやってみないと
自分の偏差値は伸びないという事です!!

本当に「今」、
していた方が良いです。

「ここ解いて!!」

と言われたら解いた方が良いです。

「音読して!!」

と言われたら音読した方が良いです。

最後は「して良かった」って思います。

必ず。

がんばれ!!
後輩さん!!

☆伊万里高校1年 S・Rくん

高校受験は思ったより手強いです。

本番で高得点をとるには、
基礎が一番重要です。

基礎がしっかりしていれば、
テストの2/3はとれます。(特に数学)

そこから応用問題を解いていくと、
自然に点数は上がります。

3年になってから基礎に時間をかけないように、
2年のうちにできる分は頭に入れておきましょう。

英語は勉強した分だけ点数は伸びます。

黄色のミラクルロードで英作文、
スラッシュリーディングを練習して長文、
音読で長文とリスニング、あとは英単語、

これらを完ペキにすれば、
40点は軽く超えるので、
得意教科になってくれるはずです。

特に音読は大切です。

初めはめんどくさかったので、
何もせず放っておきましたが、

受験まで残り2か月、
英語の点数が上がらず悩んでいた時に、

音読を2週間ほどするだけで
次のテストで48点をとりました。

そして受験まで1か月ほど音読を続けて
本番でも40点越えをとりました。

(後輩の皆さんはまだ)音読をする意味、
利点は分らないと思います。

でも、僕は本番の前に、その意味を理解しました。
これに気付いたおかげで、
「音読」というものに対する見方は180度変わりました。

後輩の皆さんには教えたいと思います。
みなさんが信じるかはわからないですが、
ひとつ言えることがあります。

それは、「して損はない」です。

そしてその利点は、

1つ、長文が早く訳せるようになる。
2つ、リスニング力があがる。
3つ、英語全体の解くスピードが上がり正確性も上がる。

国語は特にないです。文をしっかり読んでください。

以上です。

中3 第1回佐賀県一斉模試の成績
偏差値  数学43  英語52
   ↓
高校入学後の県一斉模試の成績
偏差値  数学62  英語57

☆伊万里高校1年 I・Sくん

私は、これまでの高校受験の勉強を振り返って
いくつかおススメをします。

まず1つ目は、
英語の長文音読です。

私は、長文音読を最初はしていませんでした。
めんどくさく思いずっとしていなかったのですが、
受験まで残り2週間で、

塾長に「これをやれば、必ず40点以上は取れる。」

といわれ、始めました。

始める前までは、ほとんどのテストで
35点は取れるようになっていたのですが、

本番では47点をとることができました。

高校入学後すぐに行われたテストでは、
85点をとることができ、
学年8位、偏差値は69.8でした。

偏差値は、51から69.8まで
18も伸ばすことができました。

なので、長文音読は必ずやることをおすすめします。

2つ目は、

頑張った分だけ、
成績はついてくるということです。

私は夏休み7月の終わりから、
3月まで約9か月の間勉強をしました。

最初は、伊万里高校に合格できるかどうか
危ないくらいの成績でした。

しかし、夏休みからコツコツと積み重ねることで、
成績をすごく上げることができました。

諦めたいと思ったこともありましたが、
そのつらい時期を乗り越えることで、

成績が上がり
自信となって、
次も頑張るという力になります。

成績は最初はなかなか上がらずつらいと思いますが、
残り2か月から必ず上がるので頑張ってください。

☆伊万里高校1年 M・Sくん

毎日の勉強の中で大切なのは
復習をすることです。

数学について

数学はちゃんと復習すれば
その形式の問題は
簡単に、
速く、
解けるようになります。

そうするとテストの時
発展問題により多くの時間をかけることができます。

そして基礎ができていれば、

発展問題に挑戦するときに
ひらめきやすくなるため
点数を稼げます。

それを続けた結果、
夏休みまでの頑張りで、

2学期、3学期のほとんどのテストで
学年1位(啓中)をとることができました。

偏差値は54から65まで上がりました。

伊万里高校に入ってからも
2回テストがあり、

数学では、どちらのテストも
学年1位をとることができました。

英語について

文章題を解くとき
まず覚えておかなければいけないのは

単語です。

単語力があれば、
大体の内容をつかむことができます。

それに加えて、

音読をすれば、

英文を速く読むことができるようになるため、

テスト中、
足りなかった時間が
足りるようになります。

これを続けた結果、

英語の偏差値は

47から63まで上がりました。

私は大切なのは音読だと思います。

長文問題を解けずに困っているなら、
音読をすれば点数は絶対に上がります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長くなるのでこの辺でいったん終わります。
(続きはこちら)

どう思いましたか?

大変そうって思ったかもしれませんね。

みんなメッチャ伸びてるようだから
自分にもできるかも・・・
と思ったかもしれません。

どう感じたか分かりませんが、

みんなも大きく伸びる
可能性をもっています。

英語は

「音読がいい」って言ってるけど
「教科書読めばよかと?」

数学は

基礎が大事なのはわかるけど

「基礎をどう勉強すれば良かと?
問題集みても分からんし」

そんな風に思ったキミは、
『のび~る』の無料体験授業を受けてみてね。

先輩たちが成績を上げた『音読』。
ただ読めばいいわけではありません「やり方」があります。

数学の基礎の勉強も同じく「やり方」が大事です。

授業で体験することができます。

PAGE TOP